FC2ブログ

「お片付け」って


今年の目標で「部屋を片付けたい」というのがあります。

子供のころから片付けはとにかく苦手。
実家も親が捨てられないタイプでものが多い家でした。

片付いた部屋は落ち着かない。
生活感のない部屋は空気が冷たい。

ずっとそう思っていました。

他人に甘えることが苦手な私は、自分の空間を、
目に見える「もの」で物質的に埋めることで
精神的な寂しさを紛らわせていたのかもしれません。

最近ようやく意識が変わりつつあるものの
感覚的なものは無意識ですから、簡単には変わりません。
未だに落ち着かないし、空気の冷たさは慣れません。
いずれ慣れてくれるものだろうと思っています。


私のものは、細かいものが多い。量も多い。
それが、ぱらぱらと散らばっている感じです。

ふと思ったとき、衝動的に
「あ、コレ捨てたい」と思うようになって
今まで捨てられなかったことが不思議なくらい
すんなり捨てています。

ものを見ると、ひとつひとつの思い出がありますね。
捨てるとき、それと直接向き合ってる気がします。

買ったときのこと、使ってみたときのこと、使わなくなった理由。
使わなくなっても、持っている理由。

思い入れがないものほど、手放すのも早い。

最近は、
今、自分が持っているものに対しての「愛着」が
極端になっていると感じました。

愛着の割り切り方=発想の転換、
でも愛着を持っていた気持ち自体は忘れずにいたい。

思い切って捨てる。
目の前からなくなれば、いずれ忘れてしまうだろう。

ものを使い切って捨てるとき、
達成感もあるので、とてもスッキリしますが
使えるものを自分の勝手な都合で捨てているとき、
ものすごくエネルギーを消耗している気がします。

自分の情けなさを痛感するのです。

ものを捨てることは、自分と向き合うこと。
自分が満杯のときは、これ以上何も入ってこないし整理もできない。

たぶん今、私は自分の「心の中」を整理したいんだと思う。
そのための事前準備で、目の前にあるものから取捨選択。

こんなことを積み重ねて、部屋の中が必要なものだけになったとき
心が落ち着くのだろうと思います。
スポンサーサイト



テーマ : 自己分析と探究
ジャンル : 心と身体

仕事うつ 〜見守る側の気持ち〜

見守る側としての私の気持ち(本音もちらほら?)はこんな感じです。
いろんな方がいらっしゃるので、同じ立場にあっても、まったく同じ気持ちとは限りません。

達観してる方も、そうでない方ももちろんいて、個人差は大きいと思います。
正解はひとつじゃないし、私がダンナさんにとってる対応にも問題あるかもしれません。

ただ、どんな方でも
見守る側としては「うつから回復して、今までの日常を取り戻していきたい」って気持ちは同じだと思います。



ダンナさんが仕事うつになってから、改めていろんなことを考えました。

・いちばん近い場所にいるからこそできること、やってはいけないことは何か
・パートナーとして、どう接していくか

真っ先に考えるのはダンナさんのことばかり。不安で仕方ない。
そばで見ているなかでも彼の日々の体調に一喜一憂している自分がいました。最悪のことも想定しなきゃいけないから、直球で声かけはできない。
できることならなーんにもしないで体調回復だけ考えてほしいとは思っていても
現実問題そんなことばかり言っていられない。生活かかってますから。
今まであった2つの収入源が1つになる不安は、正直なところ計り知れないものがありました。
会社の健康組合からの休職手当があっても、普段の収入ほどにはなりません。

とはいえ、私自身もフルタイム勤務の兼業主婦です。自分の仕事もあれば家事もある。
こんなときに限って仕事が忙しかったり、職場でトラブル起きたりね・・・。
家だって、昼間留守にしているおかげでそこまで散らからなかったけど、常にダンナさんがいるようになり食事のあとやらおやつの食べ散らかしやらが転がっている。片付けもめんどくさい。
ホントに心身ともにボロボロだー もう泣きたい と思ったときにふと気づいた

「あれ、私自身のケアはしてるのか・・・?」

うつはうつる ってよく聞きますね。以心伝心ともいうのかな?悪い意味だけども。。。


一番大変なのはもちろん、うつになってしまったダンナさんなのだけど、正直なところ、見守る側だって大変なんです。
不安な気持ちを見せないようにどうやって振る舞えばいいのだろう?とか、
仕事から帰ったあと、散らかった部屋でひたすらゲームしているダンナさんを見てイラついたとしても注意しちゃいけないんだろうなとか、収入減るんだから節約しなくちゃとか、義家族や周囲には知らせたくないとの強い要望から、帰省したり友人と遊んだりするたびにつじつま合わせの嘘をつく羽目になって余分な言い訳を考えたり。
誰かにグチることもできない。

でも、ダンナさんのグチにはつき合う。言葉にして頭の中を整理することは重要だと思っているし
私なりに「あ、今、あなたはこんな方向で考えてるのね」とわかることが嬉しかったんです。

ただ、
「私に関係ない”あなたの”仕事のことで、どうして私がこんな思いしなきゃいけないの!?」ってダンナさんを責めたくなるほど気持ちが荒むことも少なくなかった。
ダンナさんのいる家に職場から直帰するのがイヤになった日もある。
今までは「どうせ仕事だし、仕方ない」って言い訳してきた面倒なことと直面したり、
初めて気づいたダンナさんの一面に驚く一方で、知らなかったことに少しショックを受けてました。
ダンナさんの新たな一面もそうですが、これは自分にも言えること。
私も自分自身のこと、ここまで掘り下げて考えたことあったかな。きっと初めてだと思います。


今は自分の精神修行期間、鍛錬中だと思って過ごしながら、
誰かの生涯を背負って、ともに過ごすことに対する覚悟の甘さを実感してます。

テーマ : なんとなく書きたいこと。。
ジャンル : 日記

仕事うつのこと 〜私なりの考え方〜

※ これはあくまで私なりの考え方です。
専門的な知識はありません。本格的な治療については専門医へお願いします。


ダンナさんが仕事うつになって、グチでも何でもいいからといろんな話を聞いて思ってまとめたこと。

仕事うつのきっかけ
・「自分の中の理想/やりたいこと」と「周囲(会社や家族)から求められること」の差が大きく開いていることに気づいた。
・自分なりに対策を講じてみるけどよい兆しが見えないと思い込む。発想の転換ができなかったらしい。
・でも仕事だからやらなきゃいけないとあがいているうちに状況が悪化していき、生理的に受け付けない領域まで到達してしまった。


身体的症状
・早朝覚醒
・寝付きが悪い
・カラダがだるい 動きたくない
・十二指腸潰瘍
・出勤拒否(通勤できない、仕事着を着ると憂鬱)

回復に向けて
お布団からでるのもつらい時期
・通院(投薬)、カウンセリング(家族が行くのもアリだと思う)
・最低限、規則正しく(起床/就寝時刻を揃える、食事は摂る)
少し動けるようになったら
・お散歩(日光浴)
・身近な人との会話(聞いてもらうだけでも違うらしい)。
・読書(最初はうつに関してなくてもよい、興味が出たもの。刺激の強いものは・・・どうなんだろ?)


今、ダンナさんは少し動ける状態だからできることだけど

自分なりに納得できる考え方、行動のしかたを見つけて、
それにそって動いていくことでよい方向に生活できるようになれば、

理想と現実の差が激しすぎても、どこかに落としどころを見つけて納得できれば

きっと浮上できる「何か」がつかめるはず。

その「何か」に出会うために、彼が求める限りはたくさん気づきの機会を作ってあげたい。

テーマ : なんとなく書きたいこと。。
ジャンル : 日記

おそろしく放置してました

しばらく、ブログは見るだけになってました。
諸事情がてんこもりでして、ブログに綴る気になれませんでした...。
ちょっと暗い内容です。

ダンナさんが十二指腸潰瘍になってました。ピロリ菌がいたため、除染もしたのですが
実は仕事うつが原因だったことが新たに発覚。会社も休職しました。今は時短勤務になっています。
見守り役となった私も精神的にかなり追いつめられました。
1年が経過し少しづつ回復傾向にありますが、まだ完全復活とはいきません。

職場の同じチームの女性(既婚)が妊娠し休職に入りました。空いた席・仕事のフォローは私です。
ワタシの流産を聞いて「あなたができるなら私も!」と思い、すぐに妊娠できたようです。
そんなこと聞いて気持ち穏やかに過ごせるわけもなくボロボロで態度にも出ていたようです。
マタニティーブルーかハイか不明ですが、彼女が大げさにグチっていたため職場でかなり注意されました。
職場には流産したことを最低限の人にしか話していなかったので
事情を知らない人から「あの態度、何様のつもり?アンタ、性格悪いよ!」と言われました。
みんなが腹の探り合いをして、水面下で動く不気味さも知りました。
まだ1年くらい先になるけど、彼女が育児休暇あけて復職してきたとき平静を保てるか・・・正直なトコ自信がありません。

前回から2年しか経っていないのに、また住居のお引っ越し。
心機一転、といきたいところなのですが、なぜか気持ちが上向かない。

公私ともにつらいことが続いた分、いろんなこと考えるよい機会になって。ホントよい経験させてもらいました。
今まで、うやむやにしてた部分に直面せざるを得ない場面が多かった。

人ってこんなに変わるんだ。一見してわからないこと、たくさんあるんだな。
そう思いました。

こんな感じで過ごしてました。



テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

カウンター
プロフィール

chocopot

Author:chocopot
のんびり更新です。自分の好きなもの、日々のできごとを載せていきます。

※このHP内にある文章、画像など一切の転載/転用はご遠慮願います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる